■日本BGM協会の概要


日本BGM協会は、BGMの制作・配給をおこなう正会員Aと、メーカーの正会員Bから構成されています。


具体的な活動は、BGMコーディネーター資格委員会・業務委員会・著作権委員会の3委員会が行いますが、
理事懇談会において、音響学・音楽心理学・音楽療法・音楽社会学・作曲など音と音楽に関する分野で
活躍する学識理事から、運営全般へのアドバイスをいただいております。
この他、当協会は、日本音楽著作権協会との音楽著作権料等の交渉に、業界を代表して当たっております。


名称 一般社団法人日本BGM協会(旧社団法人日本バックグラウンド・ミュージック協会)

所在地

〒162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町2-7-19 田中保全ビル5階E室
電話:03-6280-7568 ファックス:03-6280-7569
ホームページ:http://www.bgm.or.jp
電子メール:office■bgm.or.jp(送信の際、■を@に変換してください)

代表者

会長(代表理事) 山下 哲男(株式会社西日本音楽映像 代表取締役社長)

役員数

12名(理事10名、監事2名) (平成29年4月1日)

会員数

正会員A:38社 、 正会員B:4社
合計42社 (平成29年4月1日現在)

設立

昭和49年(1974年)創立
昭和52年(1977年)4月6日社団法人設立(文部科学省)
平成24年(2012年)4月1日一般社団法人に移行・社名変更

事業目的

本会はBGMの正し利用・普及に努めるとともに、健全な事業の発展をはかり、
BGMサービスを通じて豊かな社会環境を創造することによって、
我が国の文化の進展に寄与する事を目的とする。

事業内容

BGMコーディネーター資格認定事業
BGMカンファレンス事業(講演会・セミナーなど)
資料販売事業(JBA資料、セミナー講演録、BGM協会レポート)
BGMに関する情報提供事業
著作権・著作隣接権に関する管理事業